建築プランナー

年間12棟限定の家づくり

大きな吹き抜けでも地震に強い

大空間×耐震性能を実現
建築プランナーのでは、ご希望により「耐震等級3」の家をつくることができます。
耐震等級とは、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。
住宅性能表示制度の「構造の安定に関すること」の項目で、等級1から等級3まで3段階で表示されています。等級1は、建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準とし、等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の強さがあることを示します。
耐震等級1
=建築基準法の耐震性
耐震等級2
=建築基準法の1.25倍の耐震性
耐震等級3
=建築基準法の1.5倍の耐震性
一般的な住宅の耐震性能 病院や学校などの耐震性能 消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準
数百年に一度程度の地震
(震度6強から7程度)に対しても倒壊、崩壊しない程度
1.25倍の地震に対して
倒壊、崩壊しない程度
1.5倍の地震に対して
倒壊、崩壊しない程度
数十年に一度発生する地震
(震度5程度)は住宅が損傷しない程度
1.25倍の地震に対して
損傷しない程度
1.5倍の地震に対して
損傷しない程度

建築プランナーでは、許容応力度計算による構造計算を行い、必要に応じて、耐震等級3相当の設計を行います。
大きな空間、吹き抜けがあっても高い耐震性能をもつ家をつくることは可能です。
弊社では、耐震という性能の面からも快適で安全な暮らしを提供します。

イベント・見学会お問い合わせ資料請求SNS